掻きたいのを我慢する苦痛…乳首のかゆみ

乳首と乳輪周りが掻いても掻いてもかゆくなってしまい、家にいるときや一人のときはブラジャーに思い切り手をつっこんで好き勝手にガシガシと掻くことができても、仕事中や誰かと一緒にいるときは掻きたくても掻けないという、なんとも苦痛の時間がやってきます。

また、かゆさに負けてしまいかきすぎてしまうと、皮膚の弱い部分なのですぐに色素沈着してしまい、汚らしい乳首になってしまいます。

乳首が痒くなる原因はいくつか考えられますが、大きな要因は乾燥であります。特に冬の時期は感想が酷く、寒い外から温かい家の中やお風呂に入ったときは、気温差の激しさから痒いが一層増してしまうのです。そしてもうひとつの要因としてあげられのは、乳輪周りに生えている産毛の除去をすることによって剃りまけしてしまってかゆくなってしまうということです。

乾燥してしまっているうえに剃りまけをしていると乾燥するのは当たり前です。剃ってはだめかと、毛抜きで毛を一本一本抜くことを行ったとしても、刺激が強くかゆくなってしまいます。かゆみを抑えるための改善策として、保湿成分の高いクリームを必ず塗りたくるが最善の方法です。効果をよりよいものにするため、保湿クリームを塗るタイミングは、必ずお風呂やシャワーあがりにすることです。

肌がやわらかく、いらない角質がほどよく落ちているとき、一番肌にクリームが浸透しやすくてかゆみが抑えられるのです。一日二日塗るだけではなく、継続して毎日欠かさず保湿をしてあげることで、日に日に乳首のかゆみは改善され、かゆみと戦うことをしなくて済むようになります。

理想のバストのかたちに近づくために実践すべきこと

バストは、ボリュームがあれば良いというものでもありませんよね。バストの見た目を大きく左右するもの、それはかたちです。いくらボリュームがあっても、かたちが悪ければ、美しいバストとは言えません。

バストの上の部分に膨らみがあると、綺麗なかたちに見えます。ある程度の硬さがあって、ハリもあるからこそ、上の部分に膨らみが出ます。この膨らみを活かせば、谷間も自然に出すことができ、セクシーながらも、女性らしい柔らかい雰囲気を感じられるのです。

バストのかたちは、持って生まれたものではあるものの、毎日努力を続ければ、かたちを変えることもできます。その前に、大前提としてサイズが合ったブラジャーをつけることが重要です。

キツすぎてもバストを圧迫して縮めてしまいますし、ゆとりがあるとホールドしないため、バストが垂れたり、離れたりということが起こります。まずは、自分のバストに合ったブラジャー選びから始めましょう。

有効なのは、マッサージです。理想のバストとは、身体の幅の中におさまるバストです。身体の幅よりもバストが大きくなると、太って見えますし、洋服も選びますよね。やはり、大きければ良いというものではないのです。

そして、男性好みのバストの形というのもあります。それは、お椀のようなまん丸としたバストです。ハリがあって垂れていないというのも前提にあります。

腕や背中の脂肪をバストに持って行くようなイメージでマッサージをするのも効果的です。こうなりたいというバストのかたちをイメージしながら、毎日のケアを頑張ってみてください!”